おまとめローンと任意整理の債務整理期間の違い

おまとめローンと任意整理は債権の返済方法の手段の段階としてかなり選択としてきわどい所となるものですが、おまとめローンと任意整理では実際に返済の機関にどれくらいの差があるのでしょうか?返済期間に影響があるのなら、今後の債権の返済にも変更はあるかもしれないですが、実際どちらがいいのでしょうか?

1 任意整理は原則3年。長くても5年

任意整理は、基本的に返済期間が3年くらいになるように設定されることが多いです。もちろん債権者との折り合いもありますので、5年くらいまでは期間が延長されるようなことにはなりますが、基本的には3年で偏差ができるように調整するのであります。債務整理はなるべく返済ができるように、短めの期間で調整するのが一般的です。任意整理では、債権者ができる限り返済可能な額で調整しますので、それほど多くの期間返済をするというようなことにならないようにされているのです。

2 おまとめローンとなると返済期間が5年以上になる

おまとめローンとなりますと、多くは5年以上かかってしまうのが一般的だといえます。多くの金融機関は返済期限を5年から10年くらいに設定することが多く、その設定があるというようなことは平均的に完済までその期間の設定どおりの計算になるということが考えられますので、返済期間は任意整理に比べますと同等レベルの期間が掛かってしまうか2,3倍くらい返済期間が掛かるようなことが多くあるといえます。

ですので期間の設定については、任意整理の方がおまとめローンよりも短めというようなことが言えます。もし、返済期間が長すぎて、返済がつらいといったようなことや、計画的に返済ができにくいといったときには、弁護士などに相談して、任意整理をした方がいいと思われます。

3 ただし、任意整理は信用情報に注意

おまとめローンよりも返済期間が短くなるからなどと言って任意整理を選んだりするのはいいのですが、任意整理を行うと信用情報に乗ってしまいますので、新たな借り入れなどがまずできなくなってしまいます。そういったデメリットもありますので、任意整理の方が期間が少なくて安心だからと油断してしまうと、色々と後で大変な目にあうケースもありますので、そのあたりにつてはよく考えてから行動することを進めします。

おまとめローンは返済期間が長くなる傾向がありますが、任意整理に頼りたくない時には、少々時間が掛かっても借金をしっかりと返済をすることに務めたほうがいいかと思われます。

JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)

コメントは受け付けていません。